hd_cat_mamegaku日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

女性が住みやすい県、全国1位はどこ? 女性のストレスオフ県2016ランキング発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

main (11) 待機児童問題やママ友との付き合いなどでさまざまなストレスを受け、子育て中の女性は特にイライラすることが多い。その女性にとってのストレスやイライラには地域差があるのか? メディプラス研究所(東京都)は、東邦大学名誉教授・脳生理学者 有田秀穂氏の監修のもと、全国の20~69歳の女性約7万人を対象に「ココロの体力測定」(ストレス指数チェック)を実施。「ストレスオフ(ストレス指数の低い)都道府県ランキング」を発表した。 測定の結果、2016年で女性のストレス指数が最も低かったのは“鳥取県”。ストレス指数が低い「鳥取女子」は、メディプラス研究所が掲げた主なストレス要因の全54項目中、41項目に「当てはまらない」と回答し、全体的にストレスを感じにくいという傾向がわかった。

 なかでも、社会問題として取り上げられる機会の多い「ママ友関係」「友人関係」「SNS」などの対人関係において、他県と比較して友好的であるという。 理由として推測されるのは、「整備された育児環境」や、面積に対しての「人口密度が低く競争が少ない」、「豊かな自然環境がある」など。睡眠時間への満足度、肌の健康状態の良さや、お金や時間などのストレスへの該当率も比較的少なく、自分への投資がある程度自由になる生活環境を確保できていることも「鳥取女子」のストレスオフの要因の一つと推測される。

 鳥取県広報課 森岡潤一さんによると「県民性については勤勉・努力家・消極的・地味・忍耐強いといわれ、“のどか” ということが、のんびりとした県民性にも影響を与えているのでは」という。

 また鳥取県が都道府県ランキングで上位に入るものとしては「保育所の4月当初の待機児童者数はゼロ」「女性の就業率4位、共働き率は6位、育児をする女性の有業率も4位」 「育児をする女性の有業率も4位!」となっていて全国でもトップクラスの環境といえそうだ。

sub6 (3) 東邦大学の有田教授によると「今回の調査が女性に限定している点を踏まえると、女性が住みやすい地域の特徴には、 “自然環境要因” よりも “社会環境要因” の影響が強いのではないかと考えられます。キーワードは、『ストレスの起こりにくい環境』と、受け流す『グルーミング(親しい人とのふれあいやおしゃべりなどのスキンシップ)環境』が整っていることです。人間関係をはじめとする職場のストレスが少なく、またストレスを受け流す

 ための家族・友人などとのグルーミング行動が十分にある地域性があるのだと思います。 そこには、さまざまな県民性が作用していて、普段の生活の中でストレスがかかるプレッシャーが少ないことも影響しているのではないでしょうか」としている。

 鳥取というと2015年にようやくスターバックスコーヒーが進出。東京1号店のオープンから実に19年もスタバ空白地帯だったわけだが、この時でも平井伸治県知事は「スタバはなくても砂場はある!」となんとも前向きでネガティブ要素を受け流す発言を残している。これもストレスを上手く受け流すことができる鳥取の県民性なのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

決勝の結果(2017年1月1日)

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ (Ex)  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ