佐賀の魅力を体験 アート県庁プロジェクト

main

 伝統工芸と最新アートの融合を見られるチャンス。プロジェクション・マッピングや体感型アートなどで有名なクリエイティブカンパニー「ネイキッド」(東京)が、佐賀県庁をアート活動の拠点とする「アート県庁プロジェクト」の取り組みとして、地元クリエーターによる佐賀の伝統工芸ワークショップのプロデュースを手がける。ワークショップは、佐賀県庁展望ホールで2月まで不定期開催される。

 コロナ禍でも佐賀の魅力を安全に楽しめるマイクロツーリズムなど、観光促進を担ってきた同プロジェクト。昨年秋からはナイトウオークイベント「夜歩きアート県庁NAKED GARDEN SAGA」を企画し、県庁や佐賀城公園などを含む佐賀城お堀内を「光の庭」と見立てたアートイベントが行われている。

 このイベントの中で、佐賀の「うれしのあったかまつり」や「小城竹灯り」などの灯りの作品、数百年の歴史を持つ有田焼など近郊のクリエーターたちによるワークショップを開催。伝統工芸に触れながら、歴史と文化、魅力を体感できる。参加は有料、予約が必要。申し込みは公式ホームページから

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ