新春の「初夢コンサート」が2年ぶり復活 東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団

d13972-800-5952a28cb920531766cd-0

 21世紀の始まりとともにスタートし、毎年続いてきた東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団の「初夢コンサート」がコロナ禍による中止を挟んで、2年ぶりに復活する。大田区民プラザ 大ホール(東京都大田区)で1月14日(金)の開催(ロングランプランニング・東京)。 18時開場、18時30分開演。

 公演内容は、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク第1楽章」「春の声」「美しき青きドナウ」「ハンガリー舞曲第5番」「チャールダーシュ」他。指揮は松岡究氏。独奏で日本のマリンバ界の草分け的存在である水野与旨久氏をゲストに迎える。協賛出演・ 東京高校吹奏楽部、太田ジュニアストリングス。チケットはS席(指定席)4,000円、A席(自由席)3,000円。カンフェティで発売している。

 東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団は、青少年への芸術文化の普及を目指し、1973年、大田区を拠点に「日本新交響楽団」として創立。1997年に「東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団」と改称、今年楽団創設48周年を迎える。定期演奏会、初夢コンサート、0歳児からのふれあいコンサートなど自主公演は97回(2021年11月時点)を数える。青少年のための音楽鑑賞会を積極的に続け、年間5万人以上の児童生徒に音楽の輪を広げている。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ