大阪に路地裏の新たなたまり場オープン 隠れ家のような大人の酒場「船場裏路地」

船場裏路地 エントランス
船場裏路地 エントランス

 大阪の中心地、心斎橋・南船場に残る希少な町家を、食を通じた新たなコミュニティを生む施設へと再生。創業170年を超える、昆布の製造・販売の老舗「小倉屋山本」(大阪市)が、個性あふれる飲食店舗が集結する「船場裏路地」を12月13日にオープンする。20mの石畳の路地を抜けた先に、各店舗10坪未満と小さいながら、こだわりの食事を納得感ある価格で提供する隠れ家のような4店舗がたたずむ。

 小倉屋山本が「だし」にこだわった料理を提供する「だし処 船場山本」では、だし巻き卵や昆布締めをはじめ、季節に合った旬の食材とこだわりのだしを掛け合わせたうまみが引き立つ料理を。

img_288642_5

 「焼鳥サイヒ」 では、鹿児島地鶏を紀州備長炭で薫製して丁寧に香りを付けて焼き上げた、焼き鳥と地鶏の一品料理を組み合わせたコース料理が楽しめる。

img_288642_7

 ミシュランビブグルマンを獲得した女性鮨職人が握る「鮨 とよたか」は、そのままでもおいしい新鮮な魚を寝かせたり、酢や昆布で締めたり煮付けたりと、江戸前の技法で魚の持ち味を最大限に味わえる一貫に仕立てる。

img_288642_9

 京都で知る人ぞ知るスナックの店主が、大阪での新たなサロンとして作った会員制のスナック・BAR「よすか」。こちらは、老若男女さまざまな人が訪れ、新たな縁をつなぐ場所として、会員制でありながら肩肘張らずに訪れられる雰囲気を提供する。

img_288642_10

 「船場裏路地」の所在地は、大阪市中央区南船場4丁目10-22。大阪メトロ心斎橋駅徒歩6分、大阪メトロ四ツ橋駅徒歩6分。上質な大人の新たなたまり場で生まれる出会いやコミュニティが、飲食店舗の枠を超えて街の資産となる施設を目指す。二軒目・三軒目と同じ施設内の店舗をはしごするのも楽しそうだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ