マスク生活でニンニク消費増 ジョージア料理を作ってみよう

ジョージアワインも紹介しての料理教室開催(2020年11月)
ジョージアワインも紹介しての料理教室開催(2020年11月)

 ニンニクを焼いた香りは食欲をそそるが、食べた後のことを考えるとちょっと気になる。ところが、マスク生活でこの気遣いが不要になる場面が増え、ニンニク消費が伸びているという。そこで、ニンニクを使うことが多いジョージア料理教室をご紹介しよう。

img_285237_2

img_285237_4

 農業経営のプラットフォーム「アグリウェブ」の調査によると、2020年のニンニク消費量は、前年比で調味料として134%、生ニンニクとしても124%増えているのだそうだ。そんなニンニクをおいしく食べられる料理として日本でも人気があるのが、シュクメルリ。コーカサス地方に位置し、ワインの発祥地としても知られているジョージアの伝統料理だ。鶏肉を焼き、たっぷりのニンニクソースで軽く煮込んだもの。日本流にアレンジされ、コンビニやレトルト食品でも商品化されている。 東京・世田谷のギャラリーカフェ ジョルジュでは12月4日、ジョージア料理のイベントを開催する。ジョージア美食研究家の小手森 亜紀さんが現地で習ってきたレシピをもとに料理法を伝授、ジョージアの市場やレストランのスライドを見ながら実食を楽しむ。

ジョージア美食研究家の小手森 亜紀さん
ジョージア美食研究家の小手森 亜紀さん

「ニンニクとハーブとスパイスを使えば、なんだってジョージア料理に!」

●日時:12月4日(土)14時~16時

●場所:ギャラリーカフェ ジョルジュ

東京都世田谷区祖師谷3-36-29 佐藤ビル2F

(小田急線祖師ヶ谷大蔵駅下車徒歩3分)

TEL:03-6411-4333

●概要:ジョージアの食をスライドで紹介し、シュクメルリ他数品を料理体験。 定員10人、参加費用:5,500円(税込み)。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ