【凛九 伝統工芸を継ぐ女性たち】その五《伊勢型紙》那須恵子さん「100年先も伊勢型紙が染め文化を支えているように」

ise1

 「伝統工芸」と聞いてみなさんが思い浮かべるものは何だろうか。南部鉄器・博多人形・津軽びいどろなど、日本全国にはさまざまな工芸が存在する。洗練された技術が求められる一方で、どの伝統工芸も後継者不足、もしくはその伝統の存続そのものに悩んでいる。

 そのような伝統工芸の世界で、東海地方で活動する女性9人のグループ「凛九」のメンバーを紹介する連載インタビュー。第5回は、1,000年以上の歴史があり、国の重要無形文化財に指定されている伝統工芸「伊勢型紙」の職人、那須恵子さん。伊勢型紙(いせかたがみ)とは、着物や手拭いなどの布、紙、皮に模様を染めるための染色道具で、柿渋を使って丈夫にした和紙(型地紙)に彫刻刀でさまざまな紋様・図柄を彫刻する。

 伝統工芸には馴染みがなかった那須さんがなぜ職人になろうと決意したのか、またどのような伊勢型紙を後世に残したいと考えているのか、その思いを伺った。

黙々と手作業する職業に憧れて…

――高校(デザイン専攻)を卒業後、一旦は印刷会社に就職されています。なぜ職人になろうと思ったのでしょうか?

那須 とても過ごしやすい会社ではあったんですが、タイムカードで管理されていることやいろいろな会議があること、定年があることなど会社らしいシステム(に不満が)。予定はなかったですが、女性は人生で(結婚・出産・子育てなど)いろいろなことが起こる。それを経験しても長い間この会社にいられるのかなという不安と、黙々と誰にも止められることなく(仕事を)やっていられる自由さを求めて会社を辞めました。

――会社を辞めた後の予定は?なぜ伝統工芸に興味を持ったのでしょうか?

那須 迷惑がかかりにくいよう辞めることに必死で、次のことは何も考えていなかったです。会社ではアナログな作業が多くあり、ペンや絵の具で絵を描く作業や紙を切って絵を作るという作業もあったんです。そのペーパークラフトに一週間ぐらい時間がかかって作っていたんですが、黙々とやっているという作業がすごく楽しかった。(会社員時代の)一番の喜びと感じていたので、今度見つける仕事は好きなことを詰め込んだ、熱中できる仕事だったらいいなと。その中で、定年がなく一人で黙々と手作業でできる伝統工芸が似ているんじゃないかと安直な想像で探し始めました。 いろいろな伝統工芸を図書館やネットで調べる中、友人が伊勢型紙が私に向いているのではと教えてくれて、それで鈴鹿に行ったのが(伊勢型紙に興味を引かれた)きっかけです。

那須さん(手前)と親方の生田氏。
那須さん(手前)と親方の生田氏。

「伊勢型紙を始めてもしょうがない」の声を乗り越え

――鈴鹿に行ってすぐ修行が始まったのでしょうか?

那須 現地に行って、自分の中では「これはすごい!」と感動したので、ぜひ仕事にしたいと思いました。ただ、求人が出ているわけでもなく、関係者に聞いてもみなさん口々に「伊勢型紙を今から始めてもしょうがない」といったマイナスな話しかしなく、スッと入れる場所はなかったです。そこで、京都や東京などの染めの産地の職人さんに話を聞きに行ったり、型染めの手拭いを作ってみたりと、型紙に関係していることをいろいろと取り組みました。その中で、鈴鹿で紙を作っている社長さん(大杉型紙工業の大杉社長)が話を聞いてくれて、手紙や電話をしている中でなんとか親方(生田嘉範氏)を紹介してもらいました。

 伊勢型紙の職人は多くの人が70代。伝統工芸として後継者に技術を教えるためにも実践としての仕事が必要で、需要が減っている状況で当時、弟子を取っている職人はいなかったという。現在は、「伊勢型紙技術保存会」が重要無形文化財保持団体として技術の継承にあたっている。

黙々と彫る作業が続く伊勢型紙。
黙々と彫る作業が続く伊勢型紙。
那須さんがデザインも手掛けた型紙。
那須さんがデザインも手掛けた型紙。

彫る作業だけで約1カ月

――伊勢型紙が出来上がるまでの工程を教えてください。

那須 デザインは、デザイナーさんが考えたものを彫る場合と、もともとあるデザインを彫り直す場合と、デザインから考える場合があります。そこから(小さな設計図である)小本(こほん)を彫るのに一日、二日。そして、自分がメインで修行した(4技法の一つである)突彫り(つきぼり)は紙一枚では彫りにくい技法なので、型地紙(かたじがみ)を6、7枚重ねて一気に彫ります。柄にもよりますが、3週間~1カ月半ぐらいかかります。

 型地紙は、よく寝かせてある紙の方が伸び縮みが安定していて乾燥しているので、買ってきてから3~4年放置したものを使います。それを必要なサイズに切って、菜種油や天ぷら油を塗って刃の滑りをよくします。そこに小本を墨で刷って図案を写します。彫りの工程としては、手前の下2センチぐらいを全部彫ります。継ぎ目が分からないように下端と上端がつながらないといけないので、染めた時に連結するかどうかをチェックします。この端が一番神経を使い、残りは左下から右上にガッと彫ります。

那須さんが専門とする技法「突彫り」で使用する小刀。先端が非常に細い。
那須さんが専門とする技法「突彫り」で使用する小刀。先端が非常に細い。

彫ることは“ご褒美”

――那須さんにとって「伊勢型紙」とは何でしょうか?

那須 自分は、(あの細かい図柄を)人が手で彫っていることが一番驚愕でした。そのことが自分が感動した大本(おおもと)になっている。人が感動したり、すごいと思ったりしないと残す意味がないと思っているので、伊勢型紙はどこまでも伸ばしていきたい技術で、人生をかけて追い求めたいものです。

――伊勢型紙の模様はその繊細さに驚かされます。彫ることが大変だと思うことはありますか?

那須 納期が迫っていたりすると辛いが、彫る作業自体はご褒美だと思っているので、精神的には何の辛さもないです。彫っている時が一番気持ちが楽。何も考えなくてよくて、すっきりした気持ちでやっていられます。ただ、体はしんどいので休ませないといけない。家事や買い物が休憩(時間)で、睡眠と三食以外は彫っています。

源氏物語をテーマにした型紙。
源氏物語をテーマにした型紙。
凛九が参加した名古屋市の「徳川美術館」で展示された那須さんの作品。
凛九が参加した名古屋市の「徳川美術館」で展示された那須さんの作品。

100年先も伊勢型紙が伝わっているように

――屋号「2110」にはどのような思いが込められているのでしょうか?

那須 屋号「2110(ニイチイチゼロ)」は、2110年という100年先も伊勢型紙が染めを支えて残っているように努力する、という意味です。私のモットー「100年先も染めを支え、型紙で心を伝える」にもあります。型紙で心を伝えるというのは、型紙は別の技術でさくっと作れるものもあります。プリントでいいやん、というように。そこをあえて型紙を使いたいと思わせるって何だろうと思ったら、型紙に対する愛や感動がなければいけない。手で彫る丁寧なものづくり。職人さんのこだわり。時間を積んでこそ身に付けられる技のすごさ。そういうものを理解してくれる人が絶えないようにしないといけないので、表層では見えないいろいろなストーリーを伝えていくことも大事だと思っています。

伊勢型紙を年賀状に応用した那須さんのオリジナル商品「型染めあそび」。
伊勢型紙を年賀状に応用した那須さんのオリジナル商品「型染めあそび」。
伊勢型紙を手軽に体験できる商品キット「型染めあそび」の年賀状(寅)バージョン。
伊勢型紙を手軽に体験できる商品キット「型染めあそび」の年賀状(寅)バージョン。

――手彫りではゆらぎや温かみが生まれるといいますが、プリントと手で彫ることの違いはどこにありますか?

那須 手で彫るとどうしても生まれてしまう線がある。失敗ではありません。一つフィルターがかかるように、タッチが変わる。人が手で彫ることによって味わいが変化したり、おもしろみが追加されたり、草花が生き生きしたり、筆で書いたような生き生きとした線になったり。人が彫るという工程で、デザインに変化が起きます。機械では、入力したデータがそのまま切られます。

商品パッケージのデザインに伊勢型紙を使った「鈴鹿抹茶」
商品パッケージのデザインに伊勢型紙を使った「鈴鹿抹茶」。
「しいたけオイル」
商品パッケージのデザインに伊勢型紙を使った「しいたけオイル」。

――今後の目標を教えてください。

那須 自分はまだ未熟。自分が「すごい!」と思ったところまでたどり着く努力は必要。(70代の)親方も、前回よりも今回の方がいいものができないかと努力している。いくつになっても向上心を持っていい(この)仕事に心を打たれた。また、自分の修行だけをしていると、型紙は消えていく。型紙をもっと伝えていったり、触れ合ってもらったりする普及の努力も頑張っていきたいです。

PROFILE

ise12

那須恵子(なす・けいこ)
 1982年岐阜県生まれ。8年間印刷会社で商業イラストを担当。退社後、伊勢型紙と出会う。2010年彫り師を志して三重県鈴鹿市に移住。突彫り職人の生田嘉範(いくた・よしのり)氏に師事。2016年工房内独立。伊勢志摩サミット会場ホテルでの作品展示、アジア3カ国でのワークショップ開催、「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT2018」の三重代表匠に選出などの実績がある。

FB:https://m.facebook.com/isekatagami
ブログ:https://blog.goo.ne.jp/kataya2110
Instagram:https://www.instagram.com/kataya2110/

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ