“日本一高地”の花火 富士山二合目で初大会

sub2

 広大な敷地内に、ソーシャルディスタンスを十分に確保した限定約4,500席。舞台は世界遺産の富士山。第一回「富士山花火」(伝統文化継承推進協会・東京)が12月18日、富士山南麓二合目にある「遊園地ぐりんぱ」で開催される。富士山麓から観覧できるこの花火大会は、“日本で最も高い場所で開催される花火大会”だ。

sub3 sub4

 日本のシンボルともいえる富士山と、日本が誇る伝統文化の花火。コロナ禍で観光事業が危機を迎える中、花火も各地で中止や延期が繰り返され、苦境に立つ花火師たちを応援することも目的の一つ。また、夏のイメージが強い花火だが、12月の富士山という寒い時期・場所での新しい楽しみ方の提案でもある。ドライブイン花火や遊園地の敷地内から楽しむプランも用意。富士山を囲む各市町村と連携し、毎年リレー形式での開催を目指している。観覧席は全席有料。

sub5 sub6

 

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ