ペットもいつまでもいい歯で健康に 歯磨き教室でコツを伝授

自宅でやっている方法で歯磨きを実践

 東京・大田区の「ペット保護・譲渡シェルターSPA」で11月8日、「愛犬の健康寿命のための歯磨き教室」が開催された。講師は、日本ペット歯みがき普及協会代表理事・赤津徳彦氏。ペットのおやつ、しつけ・ケア用品などの販売事業を手掛ける赤津氏によると、コロナ禍で在宅時間が増えたことをきっかけに、ペットを飼い始めた人も多いという。一方で、飼育の知識が乏しい状態で飼い始めたり、特に保護犬を里親として引き取った際にはしつけが難しかったりするケースもあるそうだ。

ペットの歯磨き講座の講師を務めた赤津紀彦氏(左)と参加者たち。
ペットの歯磨き講座の講師を務めた赤津紀彦氏(左)と参加者たち。

 講座には、2組のワンちゃんと飼い主が参加した。まず、何を使って1日のどのタイミングで歯磨きをしているかなど、普段の様子をヒアリング。各自が普段使っている歯ブラシ、ガーゼで実際に歯磨きを実践。その後赤津氏が、模型を使って犬の歯並びの特徴を示し、「犬歯から磨き、すぐに奥歯にいかず磨き残しのないように。歯の外側をしっかり磨くことが大事」などコツを伝授した。人間と犬猫の口腔内環境の違いや、犬猫は歯垢が歯石になるまでの期間が3日程度とあっという間で、口内の細菌繁殖が歯周病へ、さらに心臓病や腎臓病など深刻な病気につながる恐れがあることなどを解説した。

自宅でやっている方法で歯磨きを実践。
自宅でやっている方法で歯磨きを実践。
模型を使ってペットの歯並びの特徴を解説。
模型を使ってペットの歯並びの特徴を解説。

 2歳のダックスフントを連れて参加した女性は、SPAのインスタグラム公式アカウントで今回の講座を知り参加。「歯磨きを嫌がるので夫婦で一方が抱っこして、もう一方が歯ブラシで磨いている」と話す中、赤津氏から、1人でもできるガーゼを使っての歯磨きのコツを聞いたり、「あおむけが好きになるようなしつけをして、あおむけで歯磨きできるようになると1人でもできますね」などのアドバイスを受けたりした。「ペットの口の中のケアについて、知らなかった知識をたくさん得られて参考になった」と話した。もう1人の女性は、1年弱前にSPAで推定4歳の雑種の保護犬を里親として引き取った。「歯磨きは手探りでしてきましたが、とても参考になりました。今後に生かします」と笑顔を見せた。

歯磨きのコツを伝授。
歯磨きのコツを伝授。

 同協会によると、ペットの歯磨きを週1~2回しかしない、もしくは全くしない飼い主が約6割。多くの理由は「ペットが嫌がるから」。3歳以上のペットの約8割が歯周病予備軍という。全国各地でペットの歯磨き教室を開催してきたという赤津氏は、ペットの健康寿命を延ばすための活動として幅広く存在を知ってもらおうと、このほど同協会を設立。赤津氏は「こういった講座に参加する飼い主さんは、普段からペットの歯磨きにも熱心に取り組み、ペットの健康面への関心も高い人たち。本当に歯磨きが必要なペットたちにはなかなか来てもらえない。ぜひ、お友達の飼い主さんたちに歯磨きの大切さを伝えてもらい、ペットの健康の輪を広げていきたい」と話した。

「講座を通してペットの健康の輪を広げたい」と話す赤津紀彦氏。
「講座を通してペットの健康の輪を広げたい」と話す赤津紀彦氏。

 ペット保護・譲渡シェルターSPAでは、保護犬や保護猫の譲渡活動や、飼い主が事情により飼えなくなってしまった犬や猫の里親探しなどに取り組んでいる。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ