もうずいぶん長い間、旅行に行っていないかも 「そうだ 京都、行こう。」ひかりの京都へ

ひかりの京都_main

 この1年半、旅行をずっと我慢してきたけれど、もうそろそろ動き出してもいいだろうと考えている人も多いのでは。その際に目的地としてリストアップされそうなのが京都だ。長年、観光キャンペーン「そうだ 京都、行こう。」を展開し、京都の魅力を紹介してきた東海旅客鉄道株式会社(以下、JR東海)ではこの秋、「ひかり」をテーマとした新キャンペーン「ひかりの京都」を開催する。

 JR東海ではWithコロナ時代の新しい旅のカタチとして、時間・場所・旅先での移動手段・行動をずらす「ずらし旅」を提案。混雑や「3密」を避けた夜への“時間ずらし”で、この秋だけの特別な京都旅行を提案している。

神護寺
神護寺

 今回のキャンペーンでは、社寺の協力を得て、通常の拝観時間外である夕暮れ時・夜間に特別拝観を実施。神護寺、安祥寺、長岡天満宮八条ヶ池、石清水八幡宮では幻想的であたたかな灯りが境内を彩る「竹灯籠」イベントを、また秋の深まりを感じられる紅葉のライトアップを実施している特別拝観社寺の一部では竹モニュメント展示のイベントを用意した。今回、竹灯籠や竹モニュメントで使用する竹は、地元京都の里山から切り出したものなどを活用している。

東寺
東寺

 「竹灯籠」イベント実施の4社寺は期間中、誰でも拝観可能だが、「特別拝観 + 竹モニュメント展示」実施の東寺・建仁寺・平等院・興聖時などの社寺は事前予約が必要。詳細は“秋の特別拝観特設サイト”を参照しよう。また、キャンペーン「ひかりの京都」の実施期間は11月1日~12月12日だが、イベントの実施期間は各社寺によって違うので注意したい。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ