お手伝いで報酬得ながら旅をする 「おてつたび」佐賀へ

main

 時間さえあれば、これは旅好きには願ったりかなったり。「お手伝い」で報酬を得ながら旅ができる「おてつたび」(おてつたび・東京)だ。佐賀県と連携し、嬉野市、玄海町、太良町で受け入れてもらえる募集がスタートした。

 この「おてつたび」、お手伝いと旅を組み合わせた造語で、季節的、短期的な人材不足など地域の困りごとをお手伝いすることで報酬を得ながら旅行できるため、旅費を軽減できるのがうれしい特徴。今回連携した佐賀県では、中山間地・離島・県境地域などで人口減少、少子・高齢化が進み、人手不足が深刻化。そこできゅうり農家や牧場などでのお手伝いを“マッチング”する。

sub1

 実際に過去、この「おてつたび」に参加した人は「佐賀県は海も山も近くて、とてものどかで好きなところばかりでした。こんな何もないところへようこそ、って言われたけど、都会的なものが何もないからこその豊かさがあるように感じられて、過ごしていてとても楽しかったです。現地の方にはたくさん良くしていただいて、とても素敵な滞在になりました」と話している。

sub4 sub5

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ