ノーベル文学賞が消えた日 選考組織の裏側を暴いた渾身のルポ

main

 今年もまもなく発表されるノーベル文学賞だが、2018年の文学賞発表を中止に追い込んだ渾身のルポ、「ノーベル文学賞が消えた日――スウェーデンの#MeToo運動、女性たちの闘い」(マティルダ・ヴォス・グスタヴソン著、平凡社刊)が刊行されている。スウェーデンのフェミニズムの実情、次々と暴かれていく選考組織内の権力闘争。スウェーデン最大級の#MeToo運動の内幕を知ることができる。

 2018年のノーベル文学賞が発表中止に追い込まれたきっかけは、前年の2017年末、スウェーデン最大の日刊紙「ダーゲンス・ニューヘーテル」の報道だ。ノーベル文学賞の選考組織であるスウェーデン・アカデミーに近いジャン゠クロード・アルノー氏が、数々の性暴力を行っていたという内容だった。氏の妻で詩人のカタリーナ・フロステンソン氏はスウェーデン・アカデミーの会員で、夫妻が経営するクラブ「フォーラム」はアカデミーの援助を受けていた。

【著者】マティルダ・ヴォス・グスタヴソン Matilda Voss Gustavsson
【著者】マティルダ・ヴォス・グスタヴソン Matilda Voss Gustavsson

 著者はアルノー氏の被害者を探して取材を重ね、スクープ記事を準備、公開された内容は国内外で大反響を巻き起こした。本書では記事を発表した後のスウェーデン・アカデミーの内紛も描かれている。税込み2,530円。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ