原料はペットボトルとコーヒー サステイナブルな防水スニーカー

main

 世界で廃棄されているコーヒーかすは年間600万トン以上、そして毎分100万本以上のペットボトルが購入されている。水やコーヒーを飲むという日常的な行為が生む廃棄物の量は想像を超えている。これを再利用するアイデアを絞るのは現代の義務だ。そこでコーヒーとペットボトルから生まれた究極のサステイナブルスニーカー、「Rens NOMAD」 が講談社(東京)のクラウドファンディングサイト「KickstarterNavi」に登場した。

Rens NOMAD
Rens NOMAD

 Rens NOMAD 1足に使われているのは、コーヒー21カップ分の豆のかすと、500mlペットボトル6本分の廃プラスチック。コーヒーの消臭効果、吸水性や速乾性は靴の内側の快適さに生かされ、ペットボトルのプラスチックはスニーカーの外側に膜をつくって100%の防水を実現した。靴の重さは片足320g(26㎝)という軽量、カラーは6色(ミッドナイトブラック、スカイウェーブブルー、レッドラッシュ、スモークグレー、バーシティブラック、ホワイトスノウ)から選べる。支援は99米ドルから。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ