溶けてもたれてこない!? 本くずで作ったアイスキャンディー

main

 暑い時期においしいアイスキャンディーだけど、暑いからこそどんどん溶けてたれてきてしまうことも。でも、まるごと京都直売所(マルヒサ・京都市)から登場したアイスキャンディーは、何と、溶けても水分がたれてくることはない! その秘密は、“白いダイヤ”とも呼ばれる貴重な吉野くずから作られていること。完全に凍っている食感や少し溶けてきた時のトロンとしたくず餅のような食感など、好みの溶け加減を楽しめる新感覚のアイスだ。

 白砂糖は使わず、有機アガベシロップや蜂蜜、和三盆を使用し、自然な甘みと素材そのものの味が満喫できる。味は「宇治抹茶」「焙煎ほうじ茶」「うつみ農園 いちご」「水尾 ゆず」の4種類。これらが1セットになった「京都・本くず氷 満喫セット」で税込み3,780円。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ