消防本部に待機ステーション 埼玉・戸田市で

main

 一日中、救急車のサイレンがあちこちで鳴り響いている。それでも入院できず、自宅待機のまま亡くなる人もいるこの状況下、埼玉県戸田市では、搬送先が決まらないまま救急車で待機する新型コロナウイルス感染者のために、消防本部の敷地内に待機ステーションをつくった。

sub1

 ステーションでは、救急救命士などによる経過観察や酸素吸入などの応急処置を行う。自宅待機者が増加する中、体調悪化などによる救急要請も増加。病院搬送が必要な場合はもちろん搬送を試みるが、搬送先が決まらない場合、救急車内での長時間待機を強いることとなり、また感染者が使用するトイレの確保に苦慮するなどの課題があったという。待機ステーションには専用の仮設トイレも設置、安心して搬送を待てる環境を整えた。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ