ガーミンがWi-Fi搭載の小型ドライブレコーダー発売 映像データをスマホで確認

0818 ガーミンがWiFiドラレコ-img

 GPS機器のガーミンジャパン(埼玉県富士見市)はWi-Fi搭載のドライブレコーダーGarmin DASH CAMシリーズの新モデル「DASH CAM47Z」を、8月20日に発売する。撮影したデータを専用アプリ経由でスマートフォンなどに転送してその場で確認が可能で、さらにクラウドへの自動アップロード機能が加わった。価格は2万7,280円(税込み)で、リア専用単体カメラ「DASH CAM Mini 2」(1万4,080円・税込み)も同時発売となる。

DASH CAM 47Z
DASH CAM 47Z

 Wi-Fi機能の搭載により、レコーダーで撮影した記録映像がスマホで確認できるほか。事故やあおり運転に遭遇したときの記録映像を状況説明や保険会社への連絡も、その場で確認できる。前後カメラのペアリングや必要な部分の抜き出しなどの編集もアプリで行える。なお送信クラウドに自動アップロードで保存されたデータは、閲覧、ダウンロード、編集、共有が可能。24時間まで無料保管となるが、7日間または30日間保管される定額サービスも利用できる。

DASH CAM Mini 2
DASH CAM Mini 2

 DASH CAM47Zに対して最大3台のDASH CAM Mini を増設可能。ワンボックスやSUV、ロングボディなどの側面方向の画像も記録できる。視野角145度、画素数200万画素のカメラは、HDR搭載により、明暗が急激に変化するトンネル出入り口や逆光、夜間の暗い場面なども鮮明に撮影。駐車監視機能は駐車中の車両への衝突を記録するが、ビデオクリップ付きの通知をユーザーに自動送付する新機能が加わった。

Garmin Vault アプリ画面
Garmin Vault アプリ画面
全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ