箱も緩衝材もなしで届く SDGsなスイーツたち

とろ生ガトーショコラ
とろ生ガトーショコラ

 コロナで宅配ものが増え、箱や緩衝材の処分量も増えている。仕方ないとは分かっていても、商品の大きさに合わない大きな包みなど、もったいないという声も少なくない。そこで、SDGs達成のための取り組みの一つとして、箱や緩衝材を使わずにスイーツを届ける試みを、フードクリエイティブファクトリー(東京)が運営するスイーツブランドtoroa(トロア)が始めた。

とろ生チーズケーキ
とろ生チーズケーキ

 送ってもらえるのは「とろ生ガトーショコラ」「とろ生チーズケーキ」。ガトーショコラは、エクアドル産の原種カカオ「ナショナル」を使用。エクアドルのカカオ農家組合と共に会社を作り、ナショナル品種を国際基準のオーガニック認証で美味しく作れる農業の仕組みを作ったという。カカオ豆を高く買い、農家が共同で使える機械を自腹で用意、発酵の方法を教えて、美味しいカカオ豆を作る農家にお金が回るようにしたのだそうだ。

 

 また、フードロス・ゼロの観点から、正規品と比べて亀裂が入っていたり、表面の気泡が多かったりする“アウトレット商品”も販売。原材料や重量、味わいは変わらないから、ギフト購入前に、自宅用、味見用に買う場合などに利用できる。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ