ワインに教養はいらない 自由においしさを楽しもう

ワインの噓
ワインの噓

 ワイン、日本酒、ウィスキーと、お酒に“うんちく”はつきもののように語る人は多い。語れないけど好き、という人ももちろん多い。この本は後者の飲み手にうれしい一冊。ワインは、理屈抜きで楽しむのが一番と教えてくれる指南書、『ワインの噓』(宮嶋勲著、大和書房・東京)が8月18日、発売される。

 ワインに関する知識やマナーを知るのは楽しみでもあるが、それらが招く最大の弊害は「ワインを心おきなく楽しめなくなること」と著者。イタリアでの長い経験を持つ著者が語る「いつものワインを持てる幸せ」は、「食事に寄り添い、食事をより美味しく感じさせてくれればそれで十分と考える」イタリアワインの日常。ワインは「わかる必要がある」とか「楽しむには知識がいる」といった奇妙な誤解、不毛なワイン信仰を捨て、好きなようにワインを楽しむための本だ。税込み1,760円。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ