紅葉の中の屋外図書館 読書とカフェを楽しもう

LU5q9XA9JkNyqVW0i8D1

 紅葉に包まれる空間で、本とカフェ時間を楽しもう――。星野リゾート(長野県軽井沢町)は、軽井沢星野エリア内の「星野温泉 トンボの湯」前にある広場で、本とカフェ時間を楽しむイベント「紅葉図書館」を10月8日から11月7日に開催する(10時~16時30分、雨天中止)。3000㎡の広々とした空間に500冊の本が並ぶ本棚とスイーツやドリンクを楽しめるカフェスペースを設置。屋外で秋の澄んだ空気を存分に感じながら、のんびりと過ごすことができる。

 今年で9年目を迎える同イベント。標高1000mの高原に位置する軽井沢では、首都圏よりも1カ月ほど早く紅葉が始まる。会場を取り囲む赤いモミジや黄金色のカラマツの木が、ひと足先に秋を感じさせてくれる。ゆるやかに起伏する丘に、全長10mの木製の本棚を設置。お気に入りの本を見つけたら、すぐに座って読むことのできるベンチを兼ねた本棚で、座面にはコルク素材のクッションが敷かれる。

q1lgsUfFhDBoL4ol06K6

 芸術の秋にちなむ「音楽をききたくなる本」や「美にあそぶ本」、スポーツの秋にちなむ「思わず体がうごく本」、食欲の秋にちなむ「おいしい本」のほか、自然豊かな軽井沢にちなむ「いきものの本」などのテーマに沿った500冊の本がそろう。毎週土・日曜日には“移動式の小さな本屋さん”が登場し、古本の販売を行う(10時~16時30分)。また、10月23日・24日(11時~11時30分・13時~13時30分)に、親子で楽しめる「絵本の読み聞かせ会」を開催。親子で一緒に行う手遊びを交えながら、本に親しむ時間を提供する。参加費無料。

jwpLHeFSTCqe0y0YzP4c

 期間中、会場内のカフェスペース(毎週土・日曜・祝日限定、10時~16時30分、10月24日を除く)では、信州の秋を代表する果物「りんご」を用いたスイーツ2種類とドリンクを提供。「蜜りんごのしっとりバウムクーヘン」(税込み700円)は、糖蜜で煮込んだりんごをバウムクーヘンで包み、アイスクリームと生クリームを添えた焼き菓子。シナモンがほんのり香る生地と、ほどよく食感が残ったりんごの相性が絶妙な味わい。「りんごとシナモンケーキのデザートガレット」(同700円)は、りんごのコンポートやサイコロ状に切ったシナモンケーキ、ローストしたくるみなどをガレットに載せて、仕上げにキャラメルソースを絡めている。ドリンクは、りんごのほのかな香りとミルクのやさしい甘さに心が和む「ふわふわミルクのアップルティー」(同500円)を用意する。

 軽井沢の晴れやかな秋の気候の中、赤や黄に色づく木々に囲まれながら「読書の秋」と旬の果物を使ったスイーツを堪能しよう。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ