キリンがプラズマ乳酸菌を配合した「午後の紅茶」と「生茶」発売 免疫機能をうたった機能性表示食品

main

 近年、免疫に対する関心が高まっているが、実際に免疫対策のために行動をとるのは難しいもの。日々の生活の中で利用できる方法があればと思う人も多いだろう。

 そんな中、キリンビバレッジは、キリンの独自素材「Lactococcus lactis strain Plasma(以下、「プラズマ乳酸菌」)」を配合した「キリン 午後の紅茶 ミルクティープラス」と「キリン 生茶 ライフプラス 免疫アシスト」を、10月12日に全国で新発売する。2商品は「健康な人の免疫機能の維持をサポート」する機能性表示食品で、紅茶と緑茶で免疫機能をうたった機能性表示食品は、日本初となる。 「キリン 午後の紅茶 ミルクティープラス」は、「プラズマ乳酸菌」を1,000億個配合した、やさしい甘さのミルクティー。茶葉の豊かな香りとミルクのまろやかなコクを楽しめて、毎日飲み続けられるという。430ml入りペットボトルの税別価格が143円。

 「キリン 生茶 ライフプラス 免疫アシスト」は、「プラズマ乳酸菌」を1,000億個配合した緑茶。生茶葉の爽やかな甘み・うまみが生きたまろやかなおいしさで、毎日すっきりと飲み続けられる味わいを目指した。525ml入りペットボトルの税別価格は143円。

 「プラズマ乳酸菌」は、「免疫の司令塔」である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」を活性化する乳酸菌。キリンホールディングス株式会社、小岩井乳業株式会社、協和発酵バイオ株式会社および国内外の大学・研究機関が共同でこれまで多くの論文・学会発表を行っている。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ