カピバラスイカパーティー どの子が早いかな?飼育員が実況解説

img_269551_1
2020年実施のカピバラスイカパーティーの様子

 夏休みの遊び方もなかなか思いつかないこのコロナ禍。大阪の「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」(堺ファーム・堺市)では、「カピバラスイカパーティー」を開催し、 5頭のカピバラのスイカ早食い競争を飼育員が実況解説する予定だ。これは楽しそうだ。

img_269551_4

 パーティーとはいっても、“正当な”理由がある。園内で飼育するカピバラの熱中症予防が目的で、水分量が多くかつ好物でもあるスイカを与えるのが「カピバラスイカパーティー」だ。ただし、どのカピバラが最初に食べ終わるか飼育員による実況が行われるため、見学者は白熱の早食いレースを見ることができる。カピバラはスイカの皮も大好物なので、皮ごと全部食べる姿を見ることができるという。7月31日、8月7日、21日の3日間。各13:00からの開催で、入園料以外は無料。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ