満員御礼の無料オンライン縄跳び教室が二次募集 家の中でも、ジャンプできなくても取り組める!

実際に行った過去のオンライン運動教室の様子
実際に行った過去のオンライン運動教室の様子

 縄跳びの二重跳びができるようになるのは、子どもたちにとって憧れの1つでもあるのでは!? 身体の動かし方や運動の教え方を熟知した講師が、縄跳びの中でもつまずきやすい二重跳びのコツを伝授するオンライン縄跳び教室が7月24日(土)の10時から開催される。フィットネスメディアVells(クルル・東京)が開催する無料オンライン縄跳び教室。100人の定員に達した後も多数の問い合わせがあり、Youtube Live配信限定で二次募集の申し込み受付を始めた。参加費無料。

 何百人ものプロアスリートを支援してきたエグゼクティブトレーナー・小山啓太氏が講師で、小学生対象の1時間のプログラム。「跳び越す際に両足で跳べない」「動いている縄に合わせて跳べない」「焦って跳んでしまって引っかかってしまう」などの課題に対し、足と腕で別の動作を行うイメージをつかむことで縄跳びへの苦手意識を解消することを目指す。

 「跳ぶテンポをつかむ視覚聴覚との協調トレーニング」として、集中力がアップする「メトロノーム練習法」や相手の動きに合わせてリズムをつかむ「真似っこゲーム」を紹介。縄跳びの土台となる「正しい姿勢を保つ方法」「つま先をそろえてジャンプする練習」「片足跳びの練習」、上手に縄を回すための「短縄の正しい持ち方」「回し方の練習方法」などが伝授される。いろいろな跳び方をマスターするための「イメージ跳びのトレーニング」「両手両足と感覚を協調するトレーニング」「楽しい縄跳び練習法」なども。2畳くらいのスペースがあれば参加でき、事前に準備するのは運動できる服装・縄跳び・飲み物だけ。家の中でもできる運動を行い、マンション居住者にはジャンプしなくてもできる代替種目を用意している。当日20時までは限定公開で録画動画を配信する。

 苦手だと思っている運動も、実は体の動かし方を知らないだけかもしれない。体の動かし方や運動の教え方を熟知したトレーナーと一緒に、親子で運動の可能性を広げるきっかけにしてみよう!

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ