蔵前に世界初の“再生型”蒸留所 バーやガーデンも楽しめる

main

 世界初の再生型蒸留所「東京リバーサイド蒸溜所」が7月6日、東京・蔵前にオープンする(エシカル・スピリッツ・東京)。蒸留所としてはすでに稼働していたが、エシカル・スピリッツ・バーダイニングでの飲食や、蒸留器や屋上ボタニカルガーデンの見学などを楽しめるようになる。

 “再生型”というのは、廃棄素材を使ったクラフトジンの生産など「循環経済を実現する蒸留プラットフォーム」であることからきている。たとえば、酒造の酒かすを蒸留しリユースすることで生まれたクラフトジン、「粕(かす)取り焼酎」を原酒に、製造過程で処分されてしまう “カカオハスク” を使用した香り高いカカオの風味が楽しめるエシカル・ジン、廃棄されてしまうビールを蒸留した原酒にブナチップを漬け込み、ジュニパーベリーやホップなどを加えて蒸留したものなど、“エシカル”なアルコールがそろっている。

 蒸留器のあるフロアの路面側ストアでは、クラフトジンや限定グッズを購入でき、2階の Bar&Dining「Stage」では、5種のジンを使ったオリジナルカクテルやフードメニューを堪能したいまた、クラフトジンの蒸留や、カクテルやフードメニューに使うボタニカルやハーブを育てている屋上も見学が可能だ。 

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ