ASUSから家庭用ゲーム機にもつなげられるゲーミングヘッドセット

ROG STRIX GO CORE
ROG STRIX GO CORE

 パソコンや情報通信関連のASUS JAPAN(東京)は、プレイステーションやXbox、ニンテンドースイッチなどでゲームをするときにも使えるゲーミングヘッドセット「ROG Strix Go BT」(市場価格2万8,600円前後)、「ROG STRIX GO CORE」(同9,900円前後)を、5月28 日に発売する。

 ROG Strix Go BTは、アクティブノイズキャンセリング機能やBluetooth対応の上位モデル。周囲の音を消すことで高音から低音までクリアに聴きとれ、よりゲームに集中してその世界が楽しめる。搭載のマイクは専用のノイズ処理により、人の声をよりクリアに伝え、オンラインゲームなどでの会話もスムーズになる。Bluetoothによりスマホとはワイヤレスで接続。また3.5mmステレオ端子を備え、家庭用ゲーム機やPCなどでも使える。最大45時間の連続再生が可能で、15分の充電で最大5時間、使える急速充電にも対応している。

ROG Strix Go BT
ROG Strix Go BT

 有線接続のROG STRIX GO COREは40mmドライバー搭載の密閉型。252gの軽量による快適な装着感で、長時間のゲームが楽しめる。イヤーカップにボリュームと切り替えスイッチを配置して、ゲーム中に音声を瞬時に調整したりミュートのオン/オフがワンタッチで出来たりと、スムーズな操作でゲームに集中できる。本体は折り畳み可能。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ