屋外型の自然共存レストラン コロナ禍直撃の料理人を支援

『淡路シェフガーデン(Awaji Chef's Garden)』

 感染拡大が続く中、なかなか先が見通せない飲食店。おいしいものを作れるのに、食べてもらう安全な場所がないという状態の解決策として、兵庫県の淡路島に屋外型自然共存レストラン「淡路シェフガーデン」(パソナ)が4月29日オープンした。コロナ禍の影響を受けたシェフや、有名店で修業を積んだ若いシェフたちが全国から集う屋外のレストラン施設だ。

 食材の宝庫「御食国」と呼ばれる淡路島産の食材を使用して、さまざまなジャンルの料理を提供する。大阪や神戸から近い淡路島北部エリアの美しい景色が一望できる海沿いで、風通しのよいテラス席。ソーシャルディスタンスを保って食事を楽しむことができる。また施設中央の特設ステージでは、ピアノやギターなどのアコースティックライブも楽しめる。

『淡路シェフガーデン(Awaji Chef's Garden)』

 出店するのは、イタリア料理「イルギオットーネ gita」や塩ラーメン専門店「龍旗信」などに加え、山下春幸シェフや奥田政行シェフプロデュースによる出店もある。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ