せめて気分だけでも コンビニだけど駅弁!?

駅弁風 角煮弁当
駅弁風 角煮弁当

 どうしたって、こういう方向にならざるを得ないだろう。旅行も出張も減って“非日常”が消滅しつつある昨今、ミニストップはお弁当、だけど「駅弁風」のシリーズ第4弾を4月27日発売する。

 駅弁は温めなくてもおいしい、具材にもこだわったお弁当。でも駅ではなくコンビニだから駅弁“風”だ。今回発売される「駅弁風 角煮弁当」(税込み599円)は、豚のバラ肉を3回に分けて煮込み、手間をかけて余分な脂を落とした角煮入り。しつこくなくて、温めなくても大丈夫。大ぶりにカットした角煮が3つトッピングされ、満足感もある。コンビニだけど駅弁。新幹線乗りたいけど、おうちへ。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ