デザイン・回路構成を一新 ヤマハから音質・機能を強化したAVアンプ登場

0331 ヤマハが音質機能をさらに強化したAVアンプ-img

 ヤマハは、AVアンプシリーズの新モデル「RX-A2A」を、4月14日に発売する。オーディオ技術を生かした高音質化と映像コンテンツを快適に楽しむための最新機能を搭載。カラーはブラック。税込み8万8,000円。

 音質に大きく影響する振動を、徹底して排除するよう設計した。底面では4辺に加えて中央にも5番目の脚を加え、本体も二重構造で剛性を強化。高品位パーツを、電源部をはじめ随所に投入している。

 音声回路では、3次元サラウンドのDolby AtmosとDTS:Xに加え、高さ方向の効果を疑似的に創出するDolby Atmos Height Virtualizerにも対応。天井などに取り付けるハイトスピーカー無しでも高さを含むあらゆる方向から音を感じられる、没入感の高い音場を楽しめる。伝統ある同社独自のデジタル処理による音場生成技術シネマDSPも搭載し、映画から音楽・放送・ゲームなど、さまざまなコンテンツで臨場感ある再生が可能だ。

ヤマハ AVレシーバー 『RX-A2A』 カラー:(B)ブラック 希望小売価格88,000円(税抜 80,000円)
ヤマハ AVレシーバー 『RX-A2A』 カラー:(B)ブラック 希望小売価格88,000円(税抜 80,000円)

 HDR10+やHDCP2.3など最新規格の4K映像信号のパススルー/アップスケーリングに対応したHDMI入出力端子を装備。さらに、映像の散らつきを抑えるVRR、ソースの切り替え時に画面が黒くなったり乱れたりするのを防ぐQMS、音声の伝送速度を適切に行うQFTやALLMなどにより、ゲームを含むさまざまなソースが快適に楽しめる。

0331 ヤマハが音質機能をさらに強化したAVアンプ-main
ヤマハ AVレシーバー 『RX-A2A』 カラー:(B)ブラック 希望小売価格88,000円(税抜 80,000円)

 AVアンプのもうひとつの柱であるネットワークオーディオ機能も充実。PCM384kHz/32ビット、DSD11.2MHzと現在、最高レベルのハイレゾ音源の再生ができる。さらに、現在オーディオファンからも注目の、CDやハイレゾ音源レベルの音楽ストリーミングサービスDeezer HiFiやAmazon music HDの利用も可能。また、これらの豊富な機能を使いこなし、マルチルーム再生なども簡単にできる専用アプリを用意。Amazon Alexaに対応やアップルのAir Play2に対応し、音声アシスタントを介した基本操作やSiriを通したデバイスの再生などもできる。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ