これ、さまざまなシーンで活用できそうじゃない? あの「日清カレーメシ」を58%にダウンサイジング

日清 58%カレーメシ ビーフ
日清 58%カレーメシ ビーフ

 手軽でおいしいカップ飯といえば「日清カレーメシ」。お湯を注いで5分たったら、“グルグル”とかき混ぜるだけでカレーが楽しめることから大人気で、2020年12月には累計販売食数が1億食を突破したという。そんな「日清カレーメシ」を味わう機会が、さらに増えそうな新商品「日清58%カレーメシ ビーフ」(日清食品/東京・大阪)が、3月29日に発売される。

 「日清カレーメシ ビーフ」のおいしさはそのままに、ライスとルゥの量を従来の58%に抑えたため、「ちょっとカレーが食べたい」時にピッタリのアイテムに仕上がった。ごはんを控えている人の主食や、もう1品食べたい時の副食、小腹がすいた時の夜食など、さまざまなシーンで活用できそうだ。カレールゥは、ビーフのうまみとタマネギの甘みにほのかな酸味を加え、コリアンダーなどのスパイス、隠し味のココアを使った、深いコクが感じられる味わい。おいしいからと言って2個食べたら、従来比116%の量になっちゃうから、注意しよう。

 内容量は62g(ライス40g)で、希望小売価格は210円(税別)。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ