別府の湯の花を贈ろう 離れている今だから

切手を貼って、そのまま贈れる「別府温泉 湯の花」

 温泉に行きたいけど行けない、連れて行ってあげたいけれど今は無理。そこで切手を貼って、そのまま贈れる「別府温泉 湯の花」(販売元:一般社団法人別府市産業連携・協働プラットフォームB-bizLINK・大分県別府市)が大寒の日、1月20日に発売された。

 別府温泉薬用「湯の花」は、全国でも類をみない手作りの製法で作られ、その歴史は江戸時代までさかのぼる。別府産の青粘土と温泉の噴気ガスが湯の花小屋という製造施設の中で結晶化、これを採取して製品化したものだ。温泉の沈殿物などを採取するのではなく、湯の花の結晶を作り出すという技術は昭和42年、別府市の無形文化財に指定され、さらに平成18年3月には、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。

 本体価格は税込み380円。120円の切手代を含めてワンコイン、500円で、離れている人にメッセージを添えて温まるひと時を贈ることができる。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ