おすもうさんが繰り広げる「同音異義語」の世界 大人気『もいもい』の市原淳氏が描くシュールな絵本

main

 「好きな食べ物はカキです!」と言われて思い浮かぶのは、果物の柿?それとも海の生き物の牡蠣? 日本語には読みが同じで意味が異なる同音異義語がたくさん。そんな1つの同音異義語だけでお話が進むシュールな絵本『とっています』(1,100円、税別)が誕生。世界文化ワンダークリエイト(東京)から発売された。

 著者は、赤ちゃんが夢中になると大人気の絵本『もいもい』でおなじみの市原淳氏。おすもうさんが、すもうを「とっています」。すもうととりながら、ちょうちょを「とっています」。そのあとバランスを「とっています」…。出てくるのは、いろんな「とっています」。どれも同じ「とっています」なのに意味はいろいろ、ストーリーはどんどん膨らんでいく。いろんな食べ物を「とっている」シーンでは、文字が隠れるくらい太っていくおすもうさんが見どころ! コミカルなイラストとともに、日本語の面白さを再発見できる新境地の一冊。「とっても」おもしろいので、ぜひ手に「とって」みよう!

sub2

 絵本の発売を記念し、ステイホームを応援企画として「とんとん相撲をつくろう!」型紙無料ダウンロードサービスも提供。ウェブサイト「PriPri Online」から無料でダウンロードできる。おうち時間に絵本とともに楽しもう。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ