「四国活性化プロジェクト」をオンラインで開催 コロナ時代の四国の可能性や新しいチャレンジとは?

四国活性化【ロゴ】-1

 四国の4新聞社(高知新聞社・愛媛新聞社・徳島新聞社・四国新聞社)は、四国4県との共催による「四国活性化プロジェクト」を、1月24日(13時~15時30分)に開催する。26年目を迎える今回は、新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催。参加費無料。

 日常生活を大きく変えた新型コロナウイルスと向き合い、健康維持の考え方や、働き方の新たな可能性など、コロナとともに生きていくライフスタイルについて有識者の講演を実施。また、急速に広まったオンラインという手法も積極的に取り入れ、四国の行政や観光業などの現場で新たなチャレンジを実践する人たちと、タレントで日本健康生活推進協会・健康マスター名誉リーダーの大島麻衣さんを交えたパネルディスカッションを予定。「ピンチをチャンスに!」を合言葉に、Withコロナ四国ライフの可能性や新しいチャレンジについて探る。

四国活性化プロジェクト Withコロナ 新たなライフスタイルを考える

 申し込みは特設サイトから。事前申込制で定員は300人。抽選の上、当選者に聴講用URLを送付。パソコン、スマホ、タブレットを使ってブラウザで受講でき、アプリのインストールは不要。応募締め切りは1月15日。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ