「おうちで」ならではの防災学習 仲間とオンライン競技を楽しむ「おうち防災運動会」

main

 3月で東日本大震災から10年。人間の意識は、年月の経過の中で図らずとも薄れてきてしまう面がある。“オンラインチームビルディング型謎解き脱出ゲーム”などのユニークな遊びをリリースしているIKUSA(東京)は、仲間と共にビデオ通話ツールを使って行ういろいろな競技を通して防災を楽しく学べるサービス「おうち防災運動会」を提供している。

 防災イベントを、大人も子どもも参加しやすい形にして参加へのハードルを下げ、防災を日々の常識に変えてもらうことを狙いとした、「遊び」と「防災」への学びの両立を目指したコンテンツ。災害が発生したときに起こりうることを、仲間との競技を通じて学べる。コロナ禍の今、オンラインで仲間同士、“運動会”の臨場感を楽しめることも魅力だ。

 

 主な種目は、「おうち探検!非常食捜索トライアル」、「防災間違い探しオンライン」、「おうち防災借り物競争」、「防災謎解き 崩れゆく会議室からの脱出」など。「おうち探検!非常食捜索トライアル」は災害発生前の事前準備を学べ、家族で備蓄について話し合うきっかけになる競技。「防災間違い探しオンライン」では、VTRを見ながらキッチンや寝室、リビングなどおうちの中で防災おじさんの言動にある間違いを探し、災害発生時の安全確保の仕方を学ぶ。「おうち防災借り物競争」は、災害発生時に生活必需品全てがそろっていなくても、目の前にあるものを使って生活するための対応力を学べる。「防災謎解き 崩れゆく会議室からの脱出」は、巨大地震で耐震システムが破損してしまった会議室を舞台に、謎解きゲームを通して耐震システムを復旧させるために仲間と協力していく競技。

 

sub4

 「家」にいるからこそ学べる防災知識や、家族の参加も想定した競技が一番の特徴。事前の準備から災害発生時、避難時や避難所生活など、災害時の各局面をテーマに設計されたプログラムに順番に参加していく中で防災の理解を深めることができるよう工夫されている。同社で問い合わせを受けた後、目的や希望に沿って最適な内容を提案。実施日や参加人数を決定した後、正式な申し込みとなる。所要時間は2~3時間程度。種目を追加して1日型にすることも可能だ。基本料金は1日型で45万円から。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ