切り替えるためのお茶時間 デザイン茶器で温度計を見つめながら楽しもう

デザイン茶器「HEI」
デザイン茶器「HEI」

 家で仕事をするようになって、変わったことの一つが仕事の「合間」の過ごし方。例えばパソコンの前を離れて考えごとをするとき、オフィスなら窓際に行ったり、コーヒーメーカーにカプセルをセットしたり、化粧室に行くなんてことも。でも家にいると歩き回るには狭すぎて、デスクに張り付いたまま、という人は、お茶を入れる時間で一区切りしてみては? 。デザイン茶器「HEI」(from TR・東京)が12月23日から、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」で販売される。

HEIの魅力I:優れたデザイン性

 「HEI」は、ふと考えごとをしたり、頭のオンオフを切り替える“一区切り”をもたらすために、新しい習慣の一つとして、「お茶を入れて飲む」時間を楽しむための茶器。温もりを感じるイーシン・クレイと、モダンでミニマルなステンレス鋼の外観。急須、温度計、インフューザー(茶こし)、カップという4つのパーツでできた、使いやすい茶器だ。

 温度計の動きをじっと見つめて、適温で入れたお茶を味わう。その一連の行為が、新しい合間のスタイルになるのは、ちょっと楽しいかもしれない。一般販売予定価格は19,440円(税込み)、先行販売価格が13,600円~(税込み)。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ