今年、記憶に残った音楽は? LINE MUSIC年間ランキング2020

LINE MUSIC 年間ランキング2020

 冬休みは、各局で行われる音楽番組を楽しみにしているという人もいるだろう。LINE MUSIC(LINE)は、2020年に最も人気だった楽曲・アーティストをまとめた「LINE MUSIC年間ランキング2020」を発表した。カテゴリーは、「総合」「アーティスト」「BGM」「着うた」「ミュージックビデオ(MV)」「カラオケ」「プレイリスト」の七つ。幅広いジャンルの7,000万曲を超えるミュージックの中から、栄えある総合1位に輝いたのはOfficial髭男dismの「I LOVE…」だった。髭男は、2年連続で総合ランキング1位を獲得。2位はYOASOBIの「夜に駆ける」、3位はDISH//の「猫~THE FIRST TAKE ver.~」となった。

総合ランキング1位はOfficial髭男dism「I LOVE...」。2年連続の1位を獲得。

 アーティスト部門でも1位を飾ったのは「Official髭男dism」。2位の「BTS」、3位の「Mrs. GREEN APPLE」とともに、トップ3はバンドグループが占めた。BGM部門は、1位:YOASOBIの「夜に駆ける」、2位:Official髭男dismの「I LOVE…」、3位:瑛人の「香水」。LINE着うた部門はこの2位と3位が入れ替わり、1位:YOASOBIの「夜に駆ける」、2位:瑛人の「香水」、3位:Official髭男dismの「I LOVE…」だった。

アーティストランキング

 カラオケ部門でもYOASOBIの「夜に駆ける」が1位を獲得。2位は瑛人の「香水」で、3位はNiziUの「Make you happy」。MV部門では、BTSの「Dynamite」がトップに。2位はOfficial髭男dismの「I LOVE…」となり、3位には再びBTSの「Dynamite(B-side)」がランクインした。プレイリストでは、DJ YANATAKEによる「2019 BEST日本語ラップ 100」が1位に。2位は「TikTok人気曲10」で、3位は「『ハイキュー!!』シリーズOP&ED曲」(BARKS)となった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ