防災意識をギフトで共有 16種の防災グッズをカタログに

sub9

 新型コロナウイルスへの警戒態勢が続く中だが、日常生活は、災害の危険とも常に隣り合わせだ。防災と社会をつなぐ活動をするKOKUA(東京)によると、災害の被害が拡大すると想定している人が90%以上いる一方、何らかの防災対策をしている人は5割弱というデータもあるという。同社では、個人の防災意識を高めるべく、「防災」と「ギフト」を掛け合わせた、防災グッズ専門カタログギフト「LIFEGIFT」の販売を始めた。価格は13,000 円(税別)。

 クラウドファンディングで350万円以上の支援を集め、多数のメディアでも取り上げられた、日本初の防災グッズ専門カタログギフト「LIFEGIFT」。防災の専門家の監修のもと、「発災直後」に安全を確保するための非常灯やヘルメット、「被災後数日間」の命を守るための備蓄食料や浄水ボトル、「避難所生活」を想定した上でのプライバシーを守るためのテントなど、災害時に利用できるさまざまなシーンを想定した16種類の防災グッズを扱っている。

 家庭内のインテリアとして置いておきたくなるようなデザイン性の高い防災グッズにこだわり、自然と生活になじむような防災グッズ。ギフトのもらい手は、16種類の防災グッズの中から自分にとって最適なグッズを選ぶことができ、これまで防災を意識してこなかった人でも、自然と防災への取り組みができることを目指している。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ