3タイプの置き方ができるサイクルスタンド 省スペース対応、メンテナンススタンドにも

main

 縦置き、横置き、そして掛け置き。 3タイプの置き方でマルチに使える自転車用スタンドの販売を、 自転車パーツの開発・製造・販売を手掛ける「ごっつ」(大阪市)が自転車パーツブランドから始めた。ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロに最適なホイール差し込み式スタンドで、29インチまで対応する。

 累計7,000台を突破した自転車パーツブランド「GORIX」の自転車スタンド(GX-013D)。縦置きの場合は、上部フックにフロントホイールを引っ掛けて立てられ、省スペースで収納できる。横置きの場合は、フロントホイールを差し込むだけで自転車を安定して立てられる。メインフレームには、間隔調整可能なU字フックが2カ所に付属。U時フックにチェーンステーを引っ掛けると後輪が浮き上がり、メンテナンススタンドとしても使える。各フックには保護ラバーがあり自転車を傷つけず、使わない時は工具不要で分解して収納できる。

sub4

 インテリアとしても最適なブラック・レッド・グリーン・オレンジの4色展開。3,989円(税・送料込み)。自社ショップのほか、楽天AmazonYahooショッピングの公式ストアで購入できる。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ