世界で3%のラム酒 ぜいたくな3年樽熟成

IWSC金賞S.Brown
IWSC金賞S.Brown

 ラム酒の香りはこの季節に似合う。でも種類が限られていて、選択の余地が少ない。そこでお勧めは無農薬クラフトラム酒。世界で3%しかないアグリコール製法でつくられた LAODI(ラオディ)の「S.Brown(スイートブラウンラム)」が再入荷された。輸入販売元はシィクリエイティブインターナショナル(東京)。

 LAODIはラオスのブランド。世界で製造されている97%のラム酒は、製糖時に残る廃糖蜜からつくる「インダストリアルラム」。 残りの3%はさとうきびを絞り、その新鮮なジュースだけでつくられる「アグリコールラム」だ。この製法のラム酒はさとうきび収穫時期にしか作れず、とても手間のかかる作業だ。自社農園で栽培した無農薬サトウキビをホワイトラムに漬け込み、甘さを極限まで抽出。フレンチオークできめ細やかな香りをまとわせたあと、バーボン樽(たる)で3年熟成。東南アジアは平均気温が高く、寒い地域でつくられるラム酒より樽の中の対流が起こりやすく、独自の濃密な熟成感が味わえるのが特徴だ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ