【今日のおかず】たまには、みんなでチーズフォンデュ

ハムやサラダを添えてワイワイ楽しもう
ハムやサラダを添えてワイワイ楽しもう

 冬は鍋もの。準備も片付けも簡単で、あったかくて楽しい。肉、魚、寄せ鍋、だし汁のバリエーションもさまざまだが、たまにはチーズフォンデュ。好みのハードかセミハードタイプのチーズを2種類買って、白ワインで溶かせば、本格的なフォンデュができる。筆者の好みはコンテとルブロションやボーフォールを使ったもの。フランス東部、スイス国境に近いジュラ山脈一帯で作られるまさにフォンデュ“お膝元”チーズ。でも今回は、ボーフォールを日本で入手しやすいエメンタールに代えてみた。チーズの分量は目安としてだいたい一人200gだが、食欲加減で調節を。白ワインは、食事中も飲める好みのものを買って、その一部をチーズ溶かし用に使うと便利。

 チーズがある程度溶けるまではキッチンのガス台で、その後卓上に移すとやりやすい。フォンデュの最後は、日本の鍋もの同様、残ったチーズに溶き卵を加えて混ぜるのが〆。ちょっと固まったところでこしょうをふってパンにつけて食べると、また違った味わいを楽しめる。

【材料】3人分

・コンテ 300g

・エメンタール 300g

・白ワイン 150㏄

・丁子(クローブ) 2つ

・にんにく ひとかけ

・塩、こしょう

・バゲット 1本

・オリーブオイル 少々

〆の卵を入れるなら、卵1個

【作り方】

1. チーズをすべてサイコロ状に切っておく。

チーズはサイコロ型に切っておくと溶かしやすい
チーズはサイコロ型に切っておくと溶かしやすい

2. フォンデュに使う鍋にオリーブオイルを少量入れて温め、にんにくを加えて香りをつけ、白ワインと丁子を加える。

3. 白ワインが温まったら、チーズを少しずつ加えて溶かしていく。好みで塩・こしょうを加え、味を調節する。

4. 溶かしながら、バゲットを切る。まず縦長に半分、さらに半分で4本の縦長バゲットを作り、それを端から切っていく。食べる時に、フォンデュフォークに差しやすく、チーズをしっかり絡めとれる程度に、あまり小さくし過ぎないように気をつける。

バゲットは縦長に切ってから更にコロコロに
バゲットは縦長に切ってから更にコロコロに

5. 卓上に移し、みんなでワイワイ。ボナペティ!

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ