旬の塩の味わいを楽しむ 四季で味わいが異なる匠の塩

main

 同じ地域の海から生まれる塩も、ミネラルの含有量によって味わいが異なるという。いわば旬のある塩。JIMOS(東京)はスキンケアブランドCoyori(こより)から、四季で味の異なる国産海塩「za you zen 四季の塩」を発売。これらを毎シーズン1つ(各140g)届けるとともに、「七十二候の旬の食材と塩のレシピ付きカレンダー」のほか、塩レシピオンライン講座、「塩の匠から学ぶ油谷湾での塩づくり体験親子ツアー」、「四季の塩料理イベント@東京」(12月12日・13日10:00~18:00、日本橋高島屋で)への参加権とセットにした「za you zen 四季を愉しむ雪月風花コース」(10,364円、税別)の初回予約販売を、12月1日に始めた。オンラインストアで購入できる。1,000セット限定販売。

sub9

 四季折々の豊かな森の恵みが流れ込む山口県油谷湾の河川と海流が交じりあう水域で生まれた個性豊かな四季の塩。四季によって味わいの異なる塩は、それぞれの季節の旬の食材の味を引き立て、生のまま・焼くだけ・蒸すだけといったシンプルな調理に美味しい塩をかけるだけで、季節感豊かな一品が完成するという。

 本来海には約85種類のミネラルが存在しているが、現代の塩の多くは工場生産で塩化ナトリウムが99.87%を占め、ほかのミネラルの割合が極端に少なくなっているという。「za you zen 四季の塩」は、山口県油谷湾で15年以上塩づくりをする塩の匠、井上雄然氏のこだわり抜いた技術で、太古の海のミネラルバランスに近づけることを目指している。各季節の塩の特徴と、組み合わせるのにおすすめとして挙げられている食材は以下の通り。料理への意欲も刺激されそうだ!

 「春塩-花」(3月~5月の海水)は、海藻の多い季節で、磯の風味豊かでコクのある味わい。海藻の多い季節で、磯の風味豊かでコクのある味わい。おすすめ組み合わせ食材は、キャベツ、山菜、きくらげ、クレソン、ルッコラ、春菊、さやえんどう、タケノコ、タマネギ、ニラ、イチゴ、グレープフルーツ、カツオ、タイ、しらす、白魚、サワラ、メバル、タコ、ワカメ、もずく、ハマグリ、アサリ。

sub1

 「夏塩-風」(6月~8月の海水)は、梅雨で山の恵みが海に最も溶け出す時期で、うま味が凝縮された力強い味わい。おすすめ組み合わせ食材は、トマト、枝豆、アスパラガス、いんげん、オクラ、きゅうり、ししとう、トウモロコシ、レタス、とうがん、ゴーヤ、梅、スイカ、さくらんぼ、イチジク、メロン、モモ、アジ、アナゴ、アユ、イワシ、マグロ、タチウオ、昆布、サザエ、牛肉、鹿肉。

sub2

 「秋塩-月」(9月~11月の海水)は、実りの秋で、甘味・酸味・塩味・苦味・うま味のバランスが取れた味わいが楽しめる。おすすめ組み合わせ食材は、ニンジン、カボチャ、さつまいも、里芋、きのこ、ナス、チンゲン菜、かぶ、栗、ゆず、りんご、カリン、柿、カボス、鮭、サンマ、ウナギ、カツオ、ニシン、ハモ、ハタハタ、エビ、イカ、イクラ、鶏肉。

sub3

 「冬塩-雪」(12月~2月の海水)は、落葉の季節で、すっきりとした雑味のない味わい。おすすめ組み合わせ食材は、大根、ブロッコリー、カリフラワー、セリ、ゴボウ、レンコン、小松菜、ホウレンソウ、長芋、伊予かん、レモン、甘夏、サバ、タラ、イナダ(ハマチ)、ヒラメ、フグ、ブリ、ワカサギ、カキ、カニ、しじみ、たらこ、豚肉。

sub4

 ビーチクリーン活動費や塩作りのための設備増産費用に充てるクラウドファンディングでも、12月28日まで賛同者を募集している。詳細はHPから

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ