冬の嵐山で芽吹きを待つ 星のや京都で五味自在の会席料理

lkQF06MiKBGVkl6afr4B

 季節の食材を舌でも目でも楽しむ。しかも京都は嵐山。全室リバービューの「星のや京都」では、12月1日から来年1月31日までの間、「冬の暖を味わい、春の芽吹きを待つ」をテーマにした会席料理を楽しめる。

 ダイニングのコンセプトは「五味自在(ごみじざい)」。先人が培ってきた日本料理の知恵を踏襲しながらも、その枠にとらわれず、自在に趣向を凝らし変化し続けることで、日本料理を次世代に守り継ぐという思いが込められている。一面が雪に閉ざされしんとした銀世界、底冷えの嵐山での滞在に似合う9品だ。スモークした一品から感じる冬のたき火の薫香、ぐつぐつと煮立つ音や椀物(わんもの)の温かな湯気。迎春のことほぎや春の芽吹きが雪の下で待ち構えている様子など、春を待つ華やいだ風情を、目からも楽しむことができる。料金は一人2万円(税・サービス料・宿泊料別)。宿泊客以外も利用できる。予約は公式サイトから

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ