ケンウッドから高精細で360°撮影が可能なドライブレコーダー 高感度センサーで夜間でも高画質

1028 ケンウッドが高精細360度撮影ドラレコ-main

 音響、通信機器などのJVCケンウッドは、ケンウッドブランドの360°撮影ドライブレコーダー「DRV-CW560」を11月下旬に発売する。全周方向での高解像度撮影ができるほか、無線LANを搭載していて録画した映像がスマホの大きな画面ですぐに確認できる。価格はオープン。店頭などでは3万3,000円前後(税別)となる見込み。

 2160×2160(約466万画素)の解像度は、単眼360°ドライブレコーダーの常時録画としてはトップクラス。前後左右および垂直方向の広い範囲を高精細、鮮明に録画が可能で、あおり運転や幅寄せなどの前後左右の危険運転だけでなく車室内の出来事までカバーする。高感度C-MOSセンサーとF1.8の明るいレンズで、夜間やトンネルなどの暗いシーンも鮮明に録画できる。

1028 ケンウッドが高精細360度撮影ドラレコ-sub1

 無線LANの搭載でスマホと連携ができるので、PCなどを使わずにすぐにその場で録画映像を確認できるのは便利。ストリーミング再生だけでなく、必要な動画ファイルを選んでスマホに転送することも可能。また専用アプリを使うと、360°全方位で記録された映像は5種類のビューモード(パノラマ、2分割、4分割など)で、とくに見たい部分や状況など、さまざまな角度で再生ができる。

1028 ケンウッドが高精細360度撮影ドラレコ-sub2

 最長10時間の駐車監視録画や駐車中の衝撃/動体検知録画、タイムラプス録画に対応。逆光やトンネル出入口などでの急激な明るさの変化による白トビ、黒つぶれを抑えるWDR機能、LED信号機の無点灯記録の防止、GPSに加え、グロナス、みちびきに対応する測位衛星受信ユニットによる正確な自社位置記録や走行記録など、ドライブレコーダーとして最新の充実機能を備えている。記録メディアは、32GB microSDHCカードが付属。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ