実はこんなの欲しかった いろんな味を少しずつのおせち

img_234514_1

 たくさんはいらない、でもいろんな味を楽しみたい、だけど作るのは面倒・・・なのがおせち。このわがままな気持ちにこたえた「かまぼこおせち」(関屋蒲鉾・福岡)が発売された。食べきりサイズのかまぼこが 7種入っていて、ちょっとかわいい。

 新年の挨拶周りでおせちをふるまったり、逆に招待されたりということが減ってきた昨今、加えてコロナ禍でこの年越しはいつにも増してリアル挨拶の交換は減るはずだ。となると、家族でこぢんまりとなりそうな、2021年のおせち。少量作るのは難しいけれど、大量に作っても三が日が過ぎるとおせちに飽きた家族から「お鍋が食べたい」などという声が挙がってしまう。

 そこでこの「かまぼこおせち」。定番の紅白かまぼこやだて巻、縁起物のえびかまぼこに国産うなぎを使用した柳川蒸しなど、7種類の味を少しずつ楽しめる。一人分ずつ詰めた食べきりサイズの重箱で、贈り物にもなる。限定 100個。3,500円/個 (税込み・送料無料)

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ