電動ファン付き高機能マスク発売へ フィリップス、息苦しさや蒸れ軽減

[Philips]マスク使用イメージ3

 フィリップス・ジャパン(東京都港区)は、ウイルスや花粉を防ぐ高機能フィルターと、マスク内の空気を排出する電動ファンを備え、息苦しさや蒸れ、眼鏡の曇りを軽減する「ブリーズマスク」を11月19日から販売すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、ウイルスを含んだ飛沫(ひまつ)の拡散を抑え、感染予防にも一定の効果が期待されるマスクの着用が新しい日常となっている中、ジョギングやサイクリングなど屋外での軽い運動をする人を主なターゲットにしている。マスク本体(フィルター1枚付き)は希望小売価格10,780円、交換用フィルター(5枚)は1,595円。11月13日からアマゾンと楽天市場で予約を受け付け、順次、販路を拡大する予定。

[Philips]マスク使用イメージ1

 製品は、有害物質をブロックしながらも空気が通るよう設計されたメッシュ素材のカバー、ばい煙などに含まれる超微小粒子PM2.5や花粉を95%、ウイルスなら98.87%をカットするN95規格フィルター、3段階に切り替えられ最大毎分41リットルの空気を排出する電動ファンで構成。外気はフィルターを通してマスク内に入り、電動ファンで排出されるため、呼吸抵抗が大幅に減り、マスク内は常に新鮮な空気が循環する。

[Philips]マスク使用イメージ2

 カバーは洗って繰り返し使え、フィルターは1~2週間持つ。重さは約60gで、ブラックとグレーの2色。アジア人の顔へのフィットを意識した立体的でスタイリッシュなデザインとなっている。ファンはマイクロUSBを使った充電式で、約3時間の充電で2~3.5時間駆動する。ファンにフィルターは付いていないが、マスク内の呼気は下向きに排出され、飛沫の飛散量は「ファンを使っていても布製マスクと同程度」(同社)に抑えられるという。ただ、周りに気にする人がいる可能性があるため、建物や公共交通機関の中、3密状態のような環境では、ファン機能の使用は「積極的には推奨しない」(同)としている。

[Philips]ブリーズマスク(グレー) [Philips]マスクパーツ(ブラック)

 マスク着用に関する同社などのアンケートでは、約7割の人が息苦しさや暑さ、蒸れが気になると回答している。フィリップスは空気清浄機で培った技術を生かし、約3年前から電動ファン付きマスクの開発に着手。主にPM2.5対策用として、2019年末から中国を皮切りに販売してきた。

 問い合わせは、フィリップス・サポートセンター、フリーダイヤル0120(479)156(土、日、祝日を除く午前9時から午後6時)。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ