オンラインゼミの成功例の講義録 日々の発想を形にするデザインの教室

main

 コロナ禍で学びの場も、オンラインに移行、技術的な問題、コミュニケーションの障害とさまざまな課題が議論されているが、これは一つの成功例だ。1日1問出題形式のオンラインゼミが書籍化され、『One Day Esquisse:考える「視点」がみつかるデザインの教室』(誠文堂新光社、税別1,800円)として11月18日に発売される。

 京都芸術大学の空間演出デザイン学科でゼミをもつデザイナーの原田祐馬氏が、今年4月1日から「One Day Esquisse(ワンデイ・エスキース)」というオンラインゼミをスタートした。約1カ月半にわたり実施されたゼミから、課題をテーマごとに章立て。出題の詳細内容と出題意図、学生の提出作品、作品に対する講評コメントを作品画像を中心にレイアウトし、解説文から考え方のヒントを読み解き、具体的な作例も制作意図とともに見ることができるようになっている。各分野のゲスト講師たちによるユニークな課題の数々もあわせて紹介、それぞれの感想コメントも収録している。

 大学の新1年生から修士課程2年生まで、幅広いレベルの学生たちに向けられるゼミの柔軟な課題の数々は、現役学生だけでなく、コロナ禍で一般化したオンライン授業に悩む教員のヒントにもなる内容だ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ