テレワークや家事など、シーン別で履き替え おうち時間のオンオフ切り替えをスリッパで

main

 テレワークの普及などで在宅時間が増えた人は、オン・オフの気持ちの切り替えにはすっかり慣れただろうか? いろいろ工夫しながら取り組んでいる人も多いだろう。気持ちを切り替えるのに、雰囲気作りや形から入ることは大切だ。衣食住のオリジナル商品を自社店舗で販売しているKEYUCA(河淳株式会社・東京)は、「スリッパ」を使った気持ちの切り替えへのアプローチを提案! 同社は、おうち時間のさまざまなシーンのニーズに応える幅広いラインアップのスリッパの開発を進めており、今月は、高いクッション性でより快適に歩ける「弾むルームシューズ ステッチ」を始め、ルームシューズ4種類の新商品を発売した(価格はすべて税別)。

弾むルームシューズ ステッチ
弾むルームシューズ ステッチ

 「弾むルームシューズ ステッチ」(ブラウン、ネイビー、各1,390円)は、弾力の強さとふわふわの足当たりの両方を実現。掃除や洗濯など歩きまわることの多い家事の時間でも疲れにくく、歩くのを楽しくしてくれるという。

フットマットレス レザータッチ
フットマットレス レザータッチ

 「フットマットレス レザータッチ」(ブラウン、ダークブラウン、各1,690円)は、ちょっとした水なら弾く合皮を甲部分に使用。手入れが簡単で、靴のような履き心地のため、気持ちのオンオフが切り替わり、自然と気分も仕事モードに。実際のオフィスで使うのもよさそうだ。

フットマットレス ストライプ
フットマットレス ストライプ

 「フットマットレス ストライプ」(レッド、グレー、各1,690円)は、クリスマス時期も楽しめる鮮やかなレッド、どこでも履きやすいポップでシックなグレー、ともにシンプルなデザインで部屋の中を彩ってくれる。「フットマットレス」タイプは木型から製作しており、絶妙なフィット感が特徴だ。

バブーシュ レザータッチ
バブーシュ レザータッチ

 「バブーシュ レザータッチ」(ベージュ、ネイビーブルー、各1,390円)は、バブーシュタイプで、かかとを踏む・上げるの2wayの履き方ができる。レザータッチでフォーマルなデザインが特徴で、合皮使用で手入れも簡単。テレワークの時間はかかとを上げて仕事モードにすることで気持ちをオンに、のんびり過ごしたい時間にはリラックスできるようにかかとを踏んで気持ちをオフにするなど、一足でシーンに合わせて手軽にオンオフを切り替えられる。

 すべてM(22cm~24cm)、L(25cm~27cm)の2サイズで、足底に滑り止めが付いている。これから本格的に寒くなっていき、「イエナカ生活」の充実が大事になる。そのお供として、スリッパにも着目してみよう。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ