シードルの残りカスが「りんごエタノール」に! 天然成分99%の「除菌ウエットティッシュ」

tissue

 このコロナ禍で、除菌ティッシュを常に持ち歩くようになったという人は多いだろう。手や指を消毒するためのグッズだから除菌効果が一番大事だが、使い心地や環境への優しさは考えたことがある? JR東日本スタートアップ(東京)、アサヒグループホールディングスの研究子会社であるアサヒクオリティーアンドイノベーションズ(茨城県守谷市)、ファーメンステーション(東京)は共同で、りんごの絞り残渣(ざんさ)を活用した「お米とりんごの除菌ウエットティッシュ」(税別170円、10枚入り)を開発。10月14日に発売した。

 JR東日本とアサヒグループでは以前からりんごのお酒「シードル」を販売していたが、シードルを作る過程で発生する醸造副産物である「りんごの絞り残渣」は未利用のままになっていた。そこで、ファーメンステーションがその絞り残渣を原料にアルコールとして使える「りんごエタノール」を製造。新商品にはこのりんごエタノールと、お米を原料とする「オーガニックライスエタノール」を配合している。今回の商品は、一般社団法人日本衛生材料工業連合会が定める基準の除菌性能テストによって、除菌効果が認められているという。

 「お米とりんごの除菌ウエットティッシュ」は99%天然由来の原料を使っているから、アルコールのツンとしたニオイは少なめ。無香料だから香りが苦手な人や食事前でも気にすることなく使うことができる。当面は、JR高輪ゲートウェイ駅「TOUCH TO GO」および青森駅「A-FACTORY」の2店舗での販売。3社では、りんごエタノールを化粧品・飲料・雑貨などでも活用することを検討しているという。

 ウイルス対策はもちろん、除菌ティッシュも未利用資源を使った地球に優しいサステナブルな商品はいかが?

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ