「道の駅」は旅の“通過点”から“拠点”へ! 積水ハウス×マリオットがホテル併設の「Trip Base」始動

フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木宇都宮。
フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木宇都宮。

 コロナ禍で外出自粛が続き、「そろそろ旅に出たい」と思っている人が多いのではないだろうか。政府の観光支援事業「Go To トラベル」が始まり、観光地に人出が戻りつつあるようだ。ただ、人混みへの不安が拭い切れないという心理が根強いのも実情だろう。

 そんな中で注目されるのが「道の駅」だ。マイカーで行けるため安心感があり、買い物も楽しめるとあって、従来の「旅行帰りに休憩したり、土産物を買ったりする場所」から一転、道の駅が目的地となる旅も増えてきた。そしてこの度、そこに新たなコンセプトが加わった――。

道の駅に併設されたホテル。
道の駅に併設されたホテル。

 積水ハウス(大阪市)と世界的ホテルチェーン、マリオット・インターナショナル(米メリーランド州)が展開する地方創生事業「Trip Base(トリップベース) 道の駅プロジェクト」。道の駅にホテルを併設し、そこを拠点に「地域の知られざる魅力を渡り歩く旅」という新しい旅の提案だ。

ホテル1階の共有スペース。ワーケーションにも利用できるという。
ホテル1階の共有スペース。ワーケーションにも利用できるという。
電子レンジや冷蔵庫もあり、宿泊者は簡単な調理ができる。
電子レンジや冷蔵庫もあり、宿泊者は簡単な調理ができる。

 2020年10月から年内に4府県8カ所でホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット」を順次開業し、2025年には25道府県で約3,000室に拡大する計画。第1弾が10月6日、岐阜県内2カ所(美濃加茂市、美濃市)にオープン。10月7日は3カ所目となる「フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木宇都宮」が宇都宮市の道の駅「ろまんちっく村」に開業し、オープニングセレモニーが開かれた。

オープニングセレモニーで関係者がテープカット。
オープニングセレモニーで関係者がテープカット。

 「Trip Base 道の駅プロジェクト」は、ビジネスホテルでもなく、リゾートホテルでもない。「ロードサイド型」のホテルだ。セレモニーで積水ハウスの石井徹・取締役専務執行役員は「ポイントは三つある」と強調した。一つは、道の駅にホテルを隣接したことで地域活性化を狙うこと。ホテルは宿泊特化型で、レストランはなく、食事は道の駅にある飲食施設か地域に出掛けることになり「旅行者と地域との交流が増える」という。部屋にはシャワーのみで、風呂は道の駅の温泉施設を利用するというスタイルだ。

道の駅なので土産物や地元の食材を購入できる。
道の駅なので土産物や地元の食材を購入できる。

石井氏は「二つ目は、知られざる魅力スポットを巡る新しい旅のスタイル。三つ目は、県や市、パートナー企業との連携だ」と事業の意義について説明した。“旅の通過点”だった道の駅を“旅の拠点”にするのが最大の特徴といえる。

インターから近い道の駅「ろまんちっく村」。
インターから近い道の駅「ろまんちっく村」。

「ろまんちっく村」は東北自動車道・宇都宮インターから約5分。46ヘクタール(東京ドーム10個分)の敷地に農産物販売所や飲食店だけでなく、体験農場、ドッグラン、温泉、プールなど多くの施設を持ち「行ってみたい道の駅」でも上位に入るという。近くに大谷石の採石場跡地の巨大地下空間「大谷資料館」という隠れた人気スポットがあり、人気観光地・日光も近い。

「大谷資料館や市中心部を訪ねてほしい」と話す佐藤栄一・宇都宮市長。
「大谷資料館や市中心部を訪ねてほしい」と話す佐藤栄一・宇都宮市長。

来賓としてあいさつした佐藤栄一・宇都宮市長は「市街地に行けばギョーザやカクテル、ジャズなど魅力がいっぱいある」と話し、中心部活性化にも期待を込めた。

キングサイズのベッドがある部屋。
キングサイズのベッドがある部屋。

この度オープンした「フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木宇都宮」は、3階建て87室。25平方メートルの客室にキングサイズのベッドがあるタイプと、ツインルームがあり、室料は時期により1万円~2万円。ホテル関係者は「一部屋料金なので2人で泊まれば半額、Go To トラベルを使えばさらに安く利用できる」とアピールしていた。

マリオット・インターナショナルのカール・ハドソン氏。
マリオット・インターナショナルのカール・ハドソン氏。

マリオット・インターナショナルの日本・グアム担当エリア、バイスプレジデントのカール・ハドソン氏は「日本を2度目に訪問する外国人の40%は、大都市以

外に行きたいというデータがある。外国人観光客は旅館も好きだが、レンタカーを使って欧米風の親しんだロードトリップもしたいはずだ」とインバウンドの復活に期待を込める。

広大な「ろまんちっく村」には敷地内に散策できる森も。
広大な「ろまんちっく村」には敷地内に散策できる森も。

コロナ禍で開業こそ遅れなかったものの、宿泊客が当初想定していた外国人50%、日本人50%の実現はお預けとなる。ホテルでは当面、国内旅行者のほか、インターに近いため出張ビジネスマンも狙うとしている。この日「ろまんちっく村」に来ていた人からは「知り合いが来たらここに泊まれる」「ゴルフ帰りに泊まるのもいいかも」といった声が聞かれた。同プロジェクトによって、新たな旅の在り方が生まれそうだ。

⑪看板

年内開業の「フェアフィールド・バイ・マリオット」は、以下の通り。

 「岐阜県美濃加茂市」「岐阜県美濃市」(10月6日)、「宇都宮市」(10月7日)、「京都府京丹波町」(10月8日)、「岐阜県郡上市」(10月9日)、「三重県御浜町」(10月12日)、「栃木県茂木町」(11月20日)、「京都府宮津市」(12月15日)

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ