好きな場所を自分のペースで マクドナルドH支援のチャリティラン

スタート前に参加者も顔を出した「せたがやハウス」前広場
スタート前に参加者も顔を出した「せたがやハウス」前広場

 入院中の子どものために、家族などが病院の近くで寝泊まりできる施設ドナルド・マクドナルド・ハウス。運営は寄付とボランティアを柱としており、今年もハウスの認知向上、支援拡大を目的として全国一斉チャリティラン・アンド・ウォークが10月3日(土)、最初に設置された「せたがやハウス」(東京都世田谷区、国立成育医療研究センター)を中心に、全国11のハウスを結んで行われた。

▽途中で食事もOK
 参加者は全国で約3600人で、チャリティーになる参加料千円を払いスマホにアプリを搭載。起点から好きな距離を、好きなペースで進み終了する。移動した距離は実行委員会が自動的に把握。今回の目標は(参加者の総距離数)は、さっぽろハウスからふくおかハウスまでに相当する5000キロだが、スタートしてまもなくクリアされた。せたがやハウスで出発準備をしていた森田祐介さん、安奈さん夫婦は、世田谷区から府中市までの17キロが目標。途中、マクドナルドの店舗で昼食をとるそうで「このランは自分たちに合った距離を選べてペースも自由。それに参加料がチャリティーになるのもいい」と、参加の理由を笑顔で話してくれた。

開幕トークに登場したゴルフの深堀圭一郎プロ(右)と坂本雄次さん
開幕トークに登場したゴルフの深堀圭一郎プロ(右)と坂本雄次さん

▽ハウスの大切さ伝える
 せたがやハウスでは、ゲストが随時登場して全国11のハウスとオンラインで結んだトークを展開。その模様はYoutubeで中継配信された。開幕トークには、日本テレビの24時間マラソンのトレーナーとして知られ今大会の実行委員長を務めた坂本雄次さんと、プロゴルファーの深堀圭一郎さんが登場した。深掘さんは、2001年に最初にハウスがオープンしたころからチャリティー活動を続けてきた。その中で親として「こういうハウスがあることの大切さを知った。子どものトラブルになると親はいつもそばにいたいし、同じ悩みを持つ者同士の情報交換も心強いと思う」と感想を話し、プロゴルフの活動を支えてくれるすべての人に対する「恩返しの気持ちで」活動を続けているという。
 2016年から始まったチャリティランは、昨年まで府中市の味の素スタジアムを主会場に開催してきた。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響でオンラインを駆使した方式に変更せざるを得なかったが、これが意外な効果を生んだ。どこでも参加できる、好きなコース、距離、ペースを選べる、それでいてチャリティー。事前の問い合わせは例年の倍もあったという。

大会実行委員長の坂本雄次さん
大会実行委員長の坂本雄次さん

▽気軽に参加、それがいい
 腰の治療で体内に11本のボルトがあるという坂本さんは「気軽に参加できて、自分の行動が社会貢献につながるのがこのランの魅力でしょう」と説明、オンラインを使用する方式だと「さらに多くの会場を結んで全国を俯瞰して開くことも可能になった」と先を見据えた。病気で不安の子どもは、親がそばにいるだけで落ち着く。経済的な負担を少なくし、医療施設の近くで家族が滞在できるマクドナルド・ハウスのような施設の設置は「民間ではなく国レベルの仕事と思う。全国47都道府県すべてにあっていい。そうなるようチャリティーは続けていく」と坂本さんは力を込める。そして最後に「でも気軽に参加できる。それがいいんです」。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ