手触りと紙の美しさ 大人のためのリングレスノート

main

 紙、ノート、鉛筆。ものを書くのに必要な道具を「文房具」と呼んだわけだが、最近はほとんどパソコン。“手触り”のある道具はぜいたくになってきた。そんな大人のための文房具として、紙の美しさを楽しむリングレスなノート、「BUDDY」(バディ、シンセイ印刷・愛知県一宮市)が、クラウドファンディングサービスのMakuake(マクアケ)で販売されている。販売期間は11月9日まで。

sub1

 特長は紙の手触り。まるで起毛のようにふわふわした手触りの表紙に、書籍用紙のサラサラした感触と書き心地。金属が手に当たる不快感が無いリングレスだ。よけいなロゴやデザインがなく、上下左右裏表を問わないシンプルなデザイン。ノートを開いても背表紙にシワが寄らない。磁石が仕込まれていて、金属製のペンがくっつく、という遊びゴコロも隠されている。カラーはレッド、グリーン、イエロー、グレーの四色展開で、価格は一冊3,800円。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ