あおり運転を検知して警告 ケンウッドから多機能な2カメラドライブレコーダー

0729 ケンウッドからあおり運転を検知するドライブレコーダー-main

 音響、通信機器のJVCケンウッドは、ケンウッドブランドから、前後撮影対応の2カメラドライブレコーダー「DRV-MR8500」を発表した。後方車の急接近や蛇行運転を自動検知して、画面表示と警告音でドライバーに知らせる新機能を備えている。発売は9月中旬でオープン価格。

 新機能「AIセンシング」は、接近する車を検知して後方カメラが追尾を開始。その車が検知エリア内で蛇行運転を繰り返したり、急接近するとドライバーに警告音と画面表示で告知。さらに録画映像を書き換えないイベントフォルダに自動的に移動、保存する。

News Release

 録画についてもさらに高画質化が行われ、いちだんと明るいF1.6の大口径レンズを搭載。高解像度CMOSイメージセンサーにより、フルハイビジョンの約1.8倍も高解像度なWQHD3.7メガ録画が可能で、より鮮明で緻密な映像でナンバープレートなどまでくっきりと記録できるとしている。

0729 ケンウッドからあおり運転を検知するドライブレコーダー-sub2

 SDカード2枚でのリレー録画が可能で、SDカードのエラーを未然に防止するメンテナンスフリー機能やカードの交換時期を知らせる寿命告知機能などを装備。さらに24時間365日対応の長時間駐車録画、常時/手動/イベント/駐車の4モード録画、前方の車との車間距離の詰めすぎや走行中の車線逸脱やなどのドライブをサポートする、いろいろな機能も備えている。パソコンでドライブ情報を確認できる専用ビューワーソフトも用意されている。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ