9月29日は「招き猫の日」! 藤巻百貨店サイトに「20匹の招き猫」特集ページ

sub1

 「9(来る)29(福)」で、9月29日は「招き猫の日」なのだという。ECサイト「藤巻百貨店」(caramo・東京)は、招き猫にちなんだ特集ページ「職人技が福を呼ぶ!暮らし華やぐ、フジマキ流『20匹の招き猫』特集」の公開を始めた。

 金運や幸運、千客万来、商売繁盛など、さまざまなご利益を呼ぶ“福の使者”として、日本で古くから親しまれてきた招き猫。そんな幸運の生き物「猫」と「日本」をテーマにした20アイテムを厳選して販売している。その一部を下記にご紹介しよう。

■【柿沼人形×印傳の山本】甲州印伝 江戸木目込特別コラボ謹製まねき猫

main

2人の伝統工芸士がコラボした、キュートで特別感あふれる逸品。税別1万5,000円。

■【NAGAE+】Manekineko Platinum gold leaf/ Silver leaf

sub16

 百万両を手にした金と銀の招き猫を純金プラチナ箔でみせる贅沢気分の縁起物。同1万2,000円。

■【柿沼人形】江戸木目込み 招き猫 風水 小

sub3

 伝統の江戸木目込み技術とちりめん素材が融合。丸いフォルムの手のひらサイズの招き猫。同5,333円。

■【米田陶香堂】九谷焼 盛絵付け招き猫

sub14

 「お金を招く右手上げ」「人を招く左手上げ」「“福猫”でおなじみの黒」「病よけの赤」と“縁起の言われ”4匹を詰め込んだ招き猫。同5,500円。

 そのほか、ダイヤの瞳をした銀猫が革をつなぐ「Cramp 二重巻きブレス」(同1万5,000円)、手に持ってのぞき込めば夕暮れの猫たちの姿に会える「猫切子 ロックグラス」(同1万6,800円)など、猫をおしゃれに日常に取り入れられるグッズもいっぱい。特集で掲載している一部アイテムは、藤巻百貨店の実店舗「銀座店」でも取り扱っている。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ